万が一に備えて!自営業の方向け保険とは?

リスク発生時に頼れる保険

自営業の方が加入する国民健康保険には、怪我や病気で働けない期間の収入を保障してくれる傷病手当がありません。会社勤めの方と違い有給休暇も存在しない自営業の場合、日頃からリスク発生時の対処法を予め考えておく必要があります。
こうした万が一の時の備えとして有効なのが、保険への加入です。自営業の方が入っておくと安心な保険には次のようなものがあります。
まずは医療保険。病気によって違いはあるものの、入院や手術、長期治療が必要になる等、思った以上に医療費がかかるケースは少なくありません。健康な内から医療保険に入っておくことで、入院給付金や手術保障などで医療費の負担を抑えることが可能です。
所得補償保険に入っておけば働けない期間も一定の収入を保証してもらえるため、より安心ではないでしょうか。
自営業をしている方が一家の大黒柱である場合には死亡保険に加入しておくと、残された家族への負担を減らせます。

負担にならない保険を選びましょう

各保険とも、取り扱う会社や商品によってさまざまな違いがあります。たとえば医療保険であればある特定の疾患に対して特に手厚い保障が受けられたり、該当する病気であると診断された時点で一時金が給付されたりするところもあります。
所得補償については金額が決まっているタイプもあれば、現在の収入額の何割かが給付されるものもあります。以前会社勤めをされていたのであれば後者の方が傷病手当と給付の形が似ているため、保障の仕組みがわかりやすいかもしれません。
いずれにしても保障の内容が手厚い程保険料も高くなる傾向があります。保険料の負担の大きさから生活に影響が及ぶようでは本末転倒になってしまうため、保険を選ぶ際には両者のバランスが重要なポイントになってきます。加入を検討する場合は内容や保険料をよく確認し、疑問点は解決した上で契約を結ぶようにしましょう。

独立と聞くと難しいように思いますが、個人事業主として収入を得ている人が最近増えています。オフィスを持たないで自宅で働くことも可能です。