意外と厳しい?自営業者のマイホーム購入!

自営業は住宅ローンの審査が通りにくい

自営業とは、株式会社や有限会社といった法人に所属せず、個人で確定申告をしている人のことを言います。決められた給料が毎月支払われるサラリーマンと違って、自営業だと努力して成功した分だけ収入は上がりますし、逆に失敗すればそれだけ収入は下がります。このような点から、自営業には「安定性に欠ける」というイメージが強くあります。自営業者がマイホーム購入にあたり住宅ローンを組む際、この「安定性の無さ」が原因で審査に通りにくいケースが多々あります。お金を貸す銀行側の立場から見ると、収入のアップダウンが激しい自営業者よりも安定性抜群の公務員などのほうが当然お金を貸しやすいですよね。残念ながら自営業者は「返済が困難になる確率が高い」と見られてしまっているのです。

住宅ローンの審査を通すには

自営業者が、付き合いのない大手銀行にいきなり住宅ローンの審査を申し込んでも、多くの場合審査には通りません。まずはお付き合いのある銀行にお願いしてみましょう。そして、大手銀行よりも地方銀行や信用金庫のほうが自営業・中小企業に力を貸してくれるケースが多くあります。そのかわり、金利は大手と比較しても少し高めであることは頭に入れておきましょう。
また、税金対策として売上や所得を少なめに申告している自営業者も多くいることでしょう。申告した所得が低いほど住宅ローンの審査は不利になります。このような場合は、所得などを修正できる「修正申告」を行う、または今期の確定申告が終わるのを待つ、といった方法があります。どちらにせよ、「どの程度の収入があれば住宅ローンの審査に有利になるのか」をしっかりとシミュレーションして計画的に行動することが大事ですね。

フランチャイズについて調べるのが、短期間で独立開業を実現する良い方法です。独立希望者向けのイベントも活用することで、最適なフランチャイズチェーンを見つけることができます。